ママのセンター

アーカイブ

鍋ものの最近のレシピ

作り方

1.ぶりは一口大に切ってザルにのせ、粗塩をふって15分おき、熱湯をかけて湯引きする。

2.大根は3mm厚さのいちょう切りにする。にんじんは3mm厚さの半月切りにする。ごぼうは皮をきれいに洗ってささがきにする。長ねぎは2cm長さのぶつ切りにする。せりは4~5cm長さのざく切りにする。

3.だし昆布は1.5cm角に切る。

4.鍋に分量の水、だし昆布、酒、みりん、大根、にんじん、ごぼうを入れて火にかけ、アクが出たらすくいながら、野菜がやわらかくなるまで中火で約15分煮る。

5.ボウルに酒粕をちぎって入れ、みそ、(4)の煮汁1カップほどを入れてよく溶き混ぜる。

6.(4)に(5)を入れ、ぶり、長ねぎを加えて10分ほど煮、せりとしょうゆを加えてざっと混ぜ、ひと煮する。好みで七味唐辛子をふって食べる。

<ワンポイント>

  • ぶりは塩をふっておき、熱湯をまわしかけて臭みを取り除いておくように。
  • 酒粕は小さくちぎって煮汁を少量かけておくとよい(溶けやすくなります)。
  • みそが入るととても食べやすくなります。
  • 作り方

    1.鶏肉は熱湯でさっとゆで、水にとって汚れを洗い、水気をふく。

    2.長ねぎは青い部分と白い部分に分け、白いほうは縦2つ割りにして5~6cm長さに切る。

    3.じゃが芋は皮をむき、2cm厚さの輪切りにし、さっと洗う。

    4.にんにくはみじん切りにする。にらは小口切りにする。

    5.鍋に鶏肉、分量の水、酒、ねぎの青い部分を入れて強火にかける。煮立ったらアクを除き、中火にして20分煮る。

    6.(5)から青いねぎをとり除き、長ねぎの白い部分、じゃが芋、トッポギ、にんにく、塩を加え、芋とトッポギがやわらかくなるまで7~8分煮る。

    7.各自器にとり、にら、酢じょうゆ、練り辛子、コチュジャンなどを肉につけながら食べる。

     

    ◆トッポギはうるち米で作った韓国のおもち。細く小型の棒状で、モチモチの食感がおいしい。

  • 鶏肉は'だし'の出る骨つきを求めます。
  • 澄んだスープにするために・・・
      鶏肉は熱湯にさっと通して血や骨などの汚れを
  •   洗い流しておくことが大切です。

  • アクを丁寧にとり除くこと。
  • この鍋の食べ方、スープと鶏肉は別盛りにしていただきます。鶏肉には薬味をつけながらどうぞ。
  • 作り方
    1. 豆腐はやっこに切り、長ねぎは斜め薄切りに、水菜は半分に、白菜はざく切りにする。えのきは根元を切ってほぐし、春雨はざく切りにする。
    2. 鍋にを入れて火にかけ、煮立ったら食べやすい長さに切ったかに、を加えて中火で2~3分煮て、火を止める。絞ったレモン汁でいただく。
    シメはごはんを入れて雑炊にしてもおいしくいただけます。